Карта посещений

Просмотров: 2 762

Version 1.0.

Candidate of Medicine Khanov A. G.

論考は、いずれも専門の医師の外来実地に於ける骨、関節と筋肉の臨床研究に捧げられた。関節の運動機能の評価方法の及び関節の症候群における臨床検査の試験の仕事分類は提供されています。 グローバルリウマチ病学の試験の定義は挙げられる。 予備リウマチ病学の診断の実行の目的ではすべての骨格筋系と人体の別部の病理の診断の為にスクリーニング試験のセットが提供されます。 検査結果の解釈が与えられます。
キーワード:リウマチ病学。外来実地に於ける関節の臨床検査。関節の運動機能を評価する方法の分類。骨、関節と筋肉の臨床検査の試験の分類。
リウマチ病学に於けるグローバル試験の概念の定義。予備リウマチ病学の診断のためのグローバルリウマチ病学の試験のセット。検査結果の解釈。
外来実地に於ける関節の運動機能を評価する方法の仕事分類。
―――――――――――――――――――――――――――
1. 骨格と個関節の機能の視診または視像判断。
2. アクティブとパッシブの動きの実行。
3. サンプルとテストを用いて機能的検査。
4. 測角計(角度計法)を使用して関節の動きの範囲の定義。
骨、関節と筋肉の臨床検査の試験の仕事分類
1.グローバル試験 (globaltests)。
GlobaltestGT(英語) – グローバルテスト、globaltest
一般的、包括的試験、検討、サンプル、試用、チェック
グローバル試験 (globaltests人体の別部又はすべての骨格筋系のためのおおよそのスクリーニングテストである、因みにこれらのテストに於いて単純な、ステレオタイプの動き(ベンディング、しゃがむこと等)の実行は特定の平面でまたは特定の箇所の通行に際して特定関節グループで痛い症候群発生のために挑発的である又は関節病変の性質の正確化や予備リウマチ病学の診断(仕事診断)を目的とする付加の検診を必要とする部位を指示することです。

* 痛みの原因を確定するまで、グローバル試験に基いて或る特定の体部位に又は特定関節の部位に痛みについて言われている。 前記の痛みは関連痛であることが出来るまたは関節構造関節周囲組織の病理学によって生じるかもしれない

2. 関節や腱や筋肉の病変の機能試験(サンプル)。

 

3. 挑発的テスト。

医学に於いて挑発は(ラテン語でのprovocatio) 有痛性状態をもたらす診断方法として作用である

 

4. ストレステスト。 (負荷試験)。

Stress testSTT(英語) は ストレステスト、負荷試験、重み付き条件での試験、余分な負荷または応力を伴う試験である。

5. スクリーニングテスト。

Screening  test (SCT) (英語) はスクリーニングテストである。
医学に於いてスクリーニングは[英語でのscreening, screen 即ち篩い分け、ふるいわける] における或る特定の疾患または徴候を検出する集団検診である。

6.
人体の別部、関節と骨格部分の検査のテスト(選択的、問題を目標とする試験)。
6.1. 関節、関節周囲組織と関節包の炎症のためのテスト。
6.2. 関節と別の靭帯の安定性試験。
6.3. 関節の運動機能の評価するテスト。
(アクティブとパッシブ動きの実行)。
6.4. 神経の圧縮試験。
6.5. 神経の刺激テスト。
6.6. 筋肉の牽引性試験。
6.7. アイソメトリック(筋収縮に際して然し其の長さを変更することなく)
試験。 (抵抗を使用したテスト、レジスタンスのテスト。)
6.8. 組み合わせのテスト。

 

人体の一般な視診
診断目的: 身長、体重、体幹と四肢長さとのサイズ、それらの相関、脊椎と四肢の形状を評価する。
患者の物理的発育、姿勢、歩行の心当たりを形成する。
患者によって移動とサポートの補助設備(例えば杖、松葉杖、椅子、親族と医療スタッフからの支援)の使用に注意する。
要望:視診は『解剖学的姿勢』において施されている。
直立身体。足が平行して結び合わせた。手は身体に沿って下ろした、手掌が外面へ当たった
備考この姿勢は人のために慣れないでしが、運動を行うための単純な出発点です。

 

анатомическая позиция

図面1.『解剖学的姿勢』

グローバル試験。

тест на выпрямление

図面1.1. 真っ直ぐになることのテスト。
要望: 腕、両足とすべての背中を最大限に上向きに伸ばす。

тест приседание на корточки

図面1.2. しゃがむことのテスト。
要望: 成るたけ低くしゃがまなければならない、足裏が床にしっかり押し当てった、頭が膝らの間に介在し、腕らが折れた。

тест наклона

図面1.3. 最大前傾のグローバルテスト。
要望:膝を曲げないでと足裏を床から分離ないで最大前傾しなければならない然して床へ届くことを試みなければならない。両手が自由に垂れ下が、足裏から同じ距離にある

結果の解釈:テストは脊柱の運動の集計移動度を性格づける、しかも上記の移動度が脊椎と股関節の動きによって達成されます。

脊椎の剛性は股関節に於いて充分な運動振幅によって補償されることができます。横から視診に際して股大腿関節の負担にするベンディングの角度と一切の身体のベンディングの角度を評価することができる。前者の角度は直角に差し掛かる鋭角です。 後者の角度は床に接する指の際に最大値を持つ鈍角です。

тест при боли в плече

図面1.4. 肩の痛みの際にグローバル試験

(組み合わせの動きの急速なテスト​​)。

診断目的: 肩甲帯の関節と部分的に肘関節の機能を評価する
結果の解釈: 診査の際に痛みの出現および/または動きの範囲制限は肩関節若しくは肩腱板(筋肉、棘上筋と棘下筋と小円筋の腱)の病理的プロセスを反映している
А. 後頸部の摑み(『頭の後ろに手を置くこと』のテスト)。
診断目的: 肩の外旋、肩の外転、肩鎖関節と胸骨鎖骨関節に於ける運動、肘関節の曲げ、棘上筋と棘下筋と小円筋の機能が評価される
要望:後頸部に両手を置く。突出した親指は第七の頸椎のレベルにある。
親指と突出した椎骨(棘突起C7)の間の距離を測定しなければならない。
結果の解釈: 肩の外旋の程度の定量的評価。同時に肩甲帯関節と部分的に肘関節の機能、肩の外転、肩鎖関節と胸骨鎖骨関節に於ける運動、肘関節の曲げが評価される。 前記のいずれかの関節に於ける病理学の際には、有痛性状態が発生し動きが制限されまたは不可能になる。
В. 結び目状の捕捉(『背中の後ろに手を置くこと』のテスト)。
診断目的: 内部回転、肩関節に於ける外転と伸展及び肩甲下筋の機能を評価する。

要望: 病人は肘で曲げた手の両手を背中の後ろに置いて手の甲で肩甲骨の間の背中と接触しようとしている、出来るだけ高く。 親指と突出した椎骨(棘突起C7)の間の距離を測定しなければならない。

結果の解釈: 肩の内部回転の程度の定量的評価。

тест поясов туловища тест поясов туловища тест поясов туловища тест поясов туловища
図面1.5. 胴体の上肢帯と骨盤帯及び(上肢と下肢)四肢のためのグローバル試験。

要望:試験は解剖学的姿勢から施されている。肩では、まず、同時に手の前方突進が施されている(上肢の屈曲、45оの角度まで前頭面における傾斜)。その後後方突進(後方に外転)が行なっている。同時に股関節の動きは即ち伸展 (後方に一歩)が施されている。図面1.5.А.,B.

注解。テストは二つの部分に分けってもいい: 初めは上肢のためのテスト、
後で下肢のためテスト) 。後方に一歩は股関節の屈曲によって取り替えってもよい。後方に一歩は股関節の屈曲によって取り替えってもよい。図面1.5. C., D.

 

тест поясов туловищатест поясов туловища

тест эластичности стопы

図面1.6. 足の弾性のグローバル試験。
(踵からつま先に足裏のローリング及び床とつま先の接触の審査)

要望:病人は順番に毎足の為、踵に縋る位置から、つま先にローリングを実施して次いで全身の重みでつまさきにすがっている

結果の解釈: 特に扁平足の場合にはテストにおいて足の剛性又は弾性が評価されている。膝関節半月板の損傷の際には痛いクリックが発生している
患者は或る種のケースでしゃがむことができな


Добавить комментарий

Ваш e-mail не будет опубликован. Обязательные поля помечены *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Астрологический ревматологический прогноз на август 2017
Учебник ревматологии
плечевой сустав

Сомали